スマートフォンサイト制作

スマートフォンサイト制作によって
企業のブランド価値を広められる。

スマートフォンサイト制作は、時代のニーズに対応すること

インターネットがビジネスの場面でますます活用されるようになっている現代。ここ数年の傾向として若い世代ほど、PCよりもスマートフォンからインターネットを利用する機会が多いというデータがあります。それに応じて、Googleでは検索結果においても、スマートフォンサイト制作によってしっかりとスマホにも対応したデザインを構築しているWEBページを検索上位に表示するという取り組みを行っています。
ビジネスシーンで活躍するためには、こうしたニーズを活用しない手はありません。例えば、新しい人材を採用する場合。就活生の多くがスマホからアクセスを行うので、ホームページもスマートフォンから読みやすいデザインを構築しておく。また、業種によってはPCよりもスマートフォンからアクセスが多いこともあるので、正確にそれらの動向を理解する必要もあります。
とはいえ、スマートフォン対応だけに力を注ぐのではなく、発信したい情報やお客様が事業にしている業種の傾向などを見極めた上でPCサイトとスマートフォンサイトをどのように関連づけていくかが重要です。

どの情報をメインに据えるかで、スマートフォンサイトの仕組みを作り分ける

一口にスマホサイトといっても大きく分けて2種類の制作方法があります。
ひとつは、レスポンシブと呼ばれるもの。これは、PCサイトのデザインなどをベースに、スマートフォン用の表示に自動対応できるように制作するサイトのことです。PC版のデザインをベースにするので、デザイン費用をある程度は抑えられるというメリットがあるのでPCサイトをメインに据えたいお客様に多く利用いただいています。
もうひとつが、スマートフォンサイトです。こちらは、PC版とスマホ版の2種類のデザインを制作します。スマートフォンでアクセスされるユーザーが多いというお客様に多く利用いただいています。例えば、スマートフォンの小さな画面でも読みやすいテキストの組み方や、お問い合わせボタンを見つけやすいデザインになっているか。スマートフォンユーザーが使いやすいか否かに気を配り制作を行います。
お客様によっては、どちらを制作すれば良いかわからない方もいらっしゃいます。そういう場合は、弊社がお客様のアクセス情報の解析や企業としての魅力をじっくりと掘り下げて、それにふさわしいスマートフォンサイト制作の方向性をご提案させていただきます。

スマホ型とPC型を見極めて、企業のブランド価値を広めていく

では、スマートフォンサイトとPCサイトはどのように使い分ければいいのでしょうか?どちらも充実させておくのが得策です。とはいえ、コスト面や管理運営の手間暇を考えると、できる限り効率的に利用したいというお客様も多いと思います。
弊社でよくご提案するのが、お客様自身や業界の魅力を見極めた上で、PC型かスマートフォン型かをご提案します。例えば、建築業界、飲食業界、看護・介護業界、小売業界などは圧倒的にスマートフォンからのアクセスが多い業界です。その業種やそれに類似した業界のお客様であればスマートフォンサイト制作に注力すべきだと考えます。
これまでは、とにかく企業の顔としてPCサイトを充実させてスマートフォンサイトは便宜上、制作するという位置付けで捉えられていました。しかし、お客様がどんなサービスを提供しているかによって、スマートフォンサイトの方が認知度を広げたり情報を届けやすくしてくれたりする重要な手段として活用することができるのです。

大阪市中央区のクレフはWebコンサルティング対応の成果を出すウェブ制作会社です。集客はウェブマーケティングに強いクレフにお任せください。大阪、神戸、京都をはじめ全国をサポートしております。ホームページ制作、企画立案、保守管理、レスポンシブ対応のスマホサイト制作、SEO対策、WEBコンサルティング、CMS等を駆使しターゲットに訴求。デザインと企画提案力とWEBマーケティング力でWebサイトからの収益を加速させます。制作実績も多数公開中。ご質問、ご相談、お見積りはお問い合わせページよりお気軽にお問合せください。