映像制作において、実写で撮ることの出来ない映像をフラッシュアニメーションで表現
通常では放映できない衝撃映像を柔軟に表現できる衝撃アニメモリー
実写で表現するのに難しい事も、見る人に不快感を与えず見せる事が可能!
事故など、危険を伴う映像は撮れない。 リアルに露骨な表現ができない。
のような問題点を解決する為に、アニメ映像を使用する柔軟な表現方法で、
フラッシュアニメーション制作を行います。
安価での映像表現が可能
フラッシュアニメーションは、従来WEBサイトでの使用がメインとして考えられてきましたが、DVD等に落とし込み、テレビアニメ風にみせる技術としても注目されています。
従来のアニメは高額ですが、フラッシュアニメーションを使用することにより、安価での映像表現が可能となります。
制作実績

遺品整理業をされているキーパーズ有限会社様
「衝撃アニメモリー」を導入していただきました。

高齢化社会が進み、一人孤独に生活をしている老人が増えてきています。
家族、地域との触れ合いも無く、人知れずお亡くなりになる方々。
死後誰にも気づかれず、遺体は放置されたまま腐敗は進む・・・。

衝撃のシーンはこちらから
実写との連動も可能で、WEB用からDVD制作まで、短編から長編まで親しみやすいフラッシュアニメーションをクレフグループはご提供致します。