学習塾・家庭教師のホームページ制作について

学習塾や家庭教師は、少人数制で勉強を教えたり、テスト前には特別にサポートしてくれるなどそれぞれが独自の強みを持っています。ホームページでは、勉強に対してどういった問題をお持ちの子どもや保護者に、どんなサポートが出来るか、どういったメリットを提供できるかを明確に伝えることで、学習塾や家庭教師に興味を持ってもらうことができます。
このコラムでは、学習塾や家庭教師のホームページ制作についてご説明いたします。

学習塾・家庭教師のホームページの特徴

子どもの習い事といえば、ピアノ、スイミングスクール、そろばん、習字など、数多くありますが、学習塾や家庭教師の特徴は何でしょうか。またホームページとしては、どんな特徴があるのでしょうか。

学習塾・家庭教師のホームページの役割

まずピアノやスイミングスクールなどの習い事は、普段学校で教わる学習とは異なる立ち位置で、子どもの興味に合わせて選ばれることが多いです。しかし学習塾や家庭教師は、学校や日々の勉強をサポートする習い事となり、学校で毎日勉強する内容と関わってくるため、保護者としても、学習プログラムやサポート体制などを見極めて選んでいます。

学習塾や家庭教師のそれぞれの違いは、全国規模の大手学習塾や個人塾という違いもありますが、現在では規模の大小に関わらず多くの学習塾や家庭教師を運営している会社がホームページを持っています。

ホームページを使って自分たちがどういった授業をしているのかアピールし、入塾者を増やす対策をしています。

ホームページを制作する目的とは

学習塾や家庭教師のホームページを制作する目的は、入塾者を増やすためにお問い合わせや体験入学の申込みを増やすことではないでしょうか。何かしらアクションがあれば、直接学習プログラムを説明でき、他社との違いなどを説明する機会ができます。そして興味を持ってもらえれば、最終的に入塾へとつながります。

そのためにはホームページの内容として、保護者が塾に子どもを通わせて、成績アップや苦手科目を克服するなど、現状が改善するイメージを持ってもらわなければいけません。

つまりホームページでは、実際に子どもが勉強する姿や合格実績、カリキュラムなどを分かりやすく表現することが必要です。

ホームページのターゲット層について

学習塾や家庭教師の情報を届けたい人、つまりターゲットは、入塾する保護者がメインとなります。もちろん子どもも重要ですが、月謝を払うのは保護者になるので最終的な決定権も保護者が持っています。

学習塾や家庭教師を知るきっかけは、保護者間の口コミなどありますが、その後ホームページを見て、講師や授業風景、料金形態など詳しい情報を確認するため、ホームページでしっかりと日々の情報や、授業内容を発信することは大切です。

ホームページで必要なコンテンツ

ホームページでは具体的にどういったコンテンツを制作すると、お問い合わせや申込みにつながるでしょうか。

特徴や強み、選ばれる理由

似たような料金プランの学習塾や家庭教師を比較していた場合、どういった違いがあるのかを保護者は必ず検討します。その際にアピールできるポイントがあり、またホームページ上でコンテンツとして表現出来ているかどうかが重要となります。

独自の指導システム

その学習塾や家庭教師にしかない指導システムがあれば、それを大きくアピールすることによって、差別化することができます。

専用のテキストや、講習会、体験学習からスタートするなど、学習塾や家庭教師が生徒や保護者から選ばれている理由を明確にし、アピールするコンテンツを作ります。

合格実績・合格体験談

学習塾や家庭教師に関わらず、事例や実績などは会社や団体などを信頼する1つのきっかけになりホームページには重要なコンテンツです。今回の学習塾や家庭教師でも非常に重要なコンテンツとなり、合格実績や合格体験談という形となります。

合格実績について

合格実績は、今年度どの学校に何人合格、という有名な進学校や合格人数を数字で見せて、成果をあげていることをアピールすることができます。また同時に、どういった成績レベルの学習塾や家庭教師であるかも分かります。

この合格実績を実際に塾に通う子どもや保護者が見て、受験したい学校があれば興味を持ったり、たくさんの合格者がいれば自分もできるかもしれない、といった気持ちにさせてくれます。

合格体験談について

合格体験談は、実際に合格した子どもや保護者が、入塾してから合格を勝ち取るまでの体験を振り返ったものです。入塾したときの成績や受講していたコースなども体験談に書いてあると、これから通うことを検討している人にとっては自分と重ね合わせることができます。

入塾までの流れ

塾に入るまでに、どういった手続きがあるのか一連の流れを示したコンテンツになります。

保護者にとっては最初の面談や入塾テスト、体験授業、また家庭教師であれば先生とのマッチングなど、気になることがたくさんあるはずです。

このコンテンツがあることで、まだ入塾するのか悩んでいる保護者にとっては、体験授業があるからまずは問い合わせしてみよう、と迷っている人の背中を押すこともできます。

また入塾のためにテストを一斉にするなど、入塾の前に決まったことがあれば、最初から掲載しておけば安心できます。

よくある質問

これから子どもの勉強を見てもらいたい、と考える場合には、最初は本当に子どもの成績があがるかどうか、また行きたい学校に合格できるか、など多くの不安を抱きます。

そういった不安を丁寧に解決できれば、入塾後のイメージが湧き、学習塾や家庭教師に興味を持ってもらうことができます。よくある質問のコンテンツでは、入塾に関してどういった質問が多く寄せられているのかに答えながら、学習塾や家庭教師の良いところをアピールできるコンテンツを目指します。

具体例として

実際の例としては、まず学習塾であれば集団指導と個別指導の違いから、その学習塾ではどういった指導をしているのか、部活との両立、自習についてなどがよくある質問として挙げられます。

次に家庭教師であれば、家庭教師の先生がどういった先生なのかが一番気になることです。相性が悪かった場合、子どもと同性の先生を選びたい場合にはどうしたらいいか、また先生への気遣いなど、事前にホームページに記載があると安心につながります。

その他

上記であげたコンテンツ以外にも、料金システムや授業内容、講師の紹介などのコンテンツがあります。どのコンテンツもこれから学習塾や家庭教師を検討している子どもや保護者にとっては興味があります。

ホームページではユーザー目線で分かりやすく丁寧に説明することで、内容を理解し安心して体験授業などのアクションをすることができます。

学習塾・家庭教師のホームページの仕様やデザインについて

ホームページは業種によって仕様やデザインが異なります。学習塾や家庭教師のホームページはどういった仕様やデザインの特徴があるのでしょうか。ご説明します。

生徒の写真や教室の様子を掲載

学習塾や家庭教師のホームページでは、そこに合ったスタイルで勉強する生徒の写真が多く使われています。教室で学ぶ様子、個別指導、自宅学習などで、一生懸命勉強する子どもの様子は、その学習塾や家庭教師のオリジナルのイメージを出してくれます。

イメージしやすい写真

子どもを通わせたいと思ってホームページを見た保護者にとっては、実際のリアルな写真が一番イメージが付きやすいはずです。そのためホームページに使う写真は、出来る限り素材写真などではなく、新しく実際に学んでいる生徒の様子が望ましいです。

生徒の写真だけではなく、講師陣の写真も大切です。どんな先生に教えてもらうのかは、習わせる保護者にとってとても重要です。個人塾や家庭教師であれば、さらに一対一で先生に教えてもらうので、どういった先生がいるのか、事前にホームページで確認できれば分かるので、安心して子どもを任せることができます。

生徒や講師の他には、建物の外観や教室、受付やアクセスなど、多くの写真を載せることで、まだ行ったことのない場所でも、迷うことなく安心していくことができるのです。

CMSを使って日々の様子を定期的に発信

学習塾や家庭教師のホームページにおいては、定期的に情報発信することも重要です。保護者が子どもを塾に通わせたい、家庭教師に勉強を見てもらいたいと考えるタイミングは、新学期が始まる前や、テストの成績が悪かったとき、長期休みの前など、様々です。

そのときにホームページに、その悩みに合ったプログラムがあれば、お試しで授業を受けることが出来たり、説明会にタイミングよく参加することができます。

こういった定期的な発信が必要な学習塾や家庭教師のホームページは、CMSを導入し日々更新しています。

ホームページにおける更新システムについては、こちらをご確認ください。

導線を考えたホームページ設計

学習塾や家庭教師は、小学生・中学生・高校生によって授業プログラムや料金が異なります。様々な年齢の子どもを持つ保護者が訪れても、目的にあったページにたどり着けるように、導線を考えたホームページを制作しています。

また、教室を全国に持っている大手の学習塾や家庭教師もあります。そういう場合には「教室検索」というコンテンツを作り、どこに教室があるのか地図や検索機能を使って分かりやすく工夫しています。郵便番号検索や、路線検索などを使い、通える教室が近くにあるかどうか、素早く探せるようになっています。

最後に学習塾や家庭教師にとっては、体験授業や資料請求、お問い合わせのコンテンツは、入塾につながる大事なポイントとなるため、一番分かりやすい位置にバナーを配置しています。スマホでホームページを見る場合も多いですが、その場合でも常に資料請求などのバナーが目に入る位置にあるなどの工夫が見られます。

まとめ

学習塾や家庭教師のホームページにおいてターゲットとなるのは、これから通う子どもとその保護者になります。
最終的に月謝を払うのは保護者になるので、授業や料金プログラム、合格実績や申込みまでの流れを分かりやすく明確に提示することが、ホームページ制作において重要です。

また各学習塾や家庭教師の違いを明確にすることも、コンテンツを制作する上で大事になってきます。近所に似たような学習塾や家庭教師があった場合には、比較することになるためアピールできるポイントをホームページでしっかりと出しておかなければなりません。

特徴をアピールする中では、生徒や講師の実際の写真を掲載しながら、普段の様子を掲載できると保護者もイメージが付きやすくなります。

また実際に入塾する前には、体験授業や面談などを設けているところもあります。
保護者としても、一度そういった機会があると、子どもに合っているかどうか確かめることができるので安心です。ホームページの分かりやすい位置に、バナーを配置して導線を確保しておきます。

様々な特徴や工夫がされている学習塾や家庭教師のホームページですが、まずは目的を決めてそれに合うコンテンツを制作することで、ホームページが完成します。制作をお考えの場合にはぜひクレフへご相談くださいませ。