動画を取り入れたホームページ制作

ホームページに動画取り入れて、サービス説明や製品紹介、会社のイメージを分かりやすく説明している会社が増えています。動画は、動きや音、テロップなどを使うことができるので、ユーザーがイメージを膨らませやすく、また興味を持ちやすいというメリットがあります。
このコラムでは、動画を取り入れたホームページの制作についてご紹介します。

動画を取り入れるメリット・デメリット

動画をホームページに取り入れることで、どのような問題が解決されるのでしょうか。また動画制作にはメリットばかりでなく、デメリットもあるので、合わせてご紹介します。

メリット:短時間で多くの情報が伝わる

動画は一度に多くの情報をユーザーに与えることができます。通常であれば、ホームページ上で何か説明する際には、テキストと写真を使って説明しますが、動画であれば、テキストと写真に「動き」「音」が加わるので、理解が深まりやすくなります。

製品の使い方を動画で説明

ホームページで動画を使って製品紹介するコンテンツがあります。写真だけでは判断が付きにくい場合でも、動画で説明していると手元に製品はありませんが、色々な角度から見ることが出来たり、資料では何ページにも続く製品紹介が動画だと数分で終わり印象に残りやすいこともあります。

取扱説明書やマニュアルとしても

製品の説明書などを紙でユーザーに送付していたり、PDFダウンロードを用意する場合もありますが、動画で説明していれば、いつでも簡単に見ることができます。

メリット:SEOの評価やSNSの拡散が期待できる

検索エンジンでは、動画を掲載したホームページが上位に上がりやすい傾向があります。掲載している動画が、ユーザーにとって分かりやすい映像であれば、ユーザーからの高い評価が期待されるためです。

また、動画をSNSで投稿して多くのユーザーが動画を見たり、拡散することによって、ホームページへのアクセスも増え、結果的に多くのユーザーに見てもらうことが可能となります。

デメリット:時間とコストがかかる

ユーザーにとって分かりやすい動画を作成し、見てもらうためには、しっかりと計画された動画を制作する必要があります。クオリティの低い動画であれば、ユーザーは理解できなかったり、評価が下がり、動画の効果を果たせません。

動画の制作手順としては、構成や台本作り、ナレーションやロケーションを考え、撮影し編集作業やテロップなどの最終調整という段階があります。このような段階を経て完成するため、時間とコストがかかるのです。

ファーストビューに動画を使用

ホームページに動画を使う場合は、ホームページの中の一つのコンテンツとして取り入れる場合と、最近増えているのがトップページのファーストビューに動画を使用する場合です。

ファーストビューに動画を使用する場合について、ご紹介します。

商品・会社のイメージが伝わりやすい

ファーストビューとは

まずファーストビューとは、ホームページを開いたときに最初に表示される部分で、スクロールせずに見える部分を指しています。ファーストビューはホームページを考えるときにとても重要な部分といわれています。

ではなぜファーストビューに動画を取り入れるホームページが増えているのでしょうか。

3秒で印象付ける

ユーザーは、ファーストビューで表示される情報によって、このホームページが自分が求めている情報なのか、またどんな会社なのか、といったイメージを3秒で決めると言われています。

つまり、ユーザーにホームページを読み進めてもらうために、このホームページがどんな内容で、ユーザーにとってどんなメリットがあるのかという情報をファーストビューで提供する必要があるのです。

そこで、短時間で多くの情報が伝えられる動画をファーストビューに持ってくるホームページが増えているのです。

業種別ファーストビューに使用する動画

ファーストビューに動画を設定する場合、どんな動画にするいいでしょうか。業種別や提供するサービスによって異なりますので、順にみていきます。

製造業

工場の中で特殊な機械を使いながら作業する職人、食品工場であれば生地をこねたり、繊維工場であればミシンで縫う熟練の技など、独自の魅力を発信しています。

飲食店

レストランなどのホームページでもファーストビューに動画を設置しています。店内の様子や料理、スタッフの接客などをファーストビューで動画にすることで、一目でどのような雰囲気で何の料理を提供しているお店なのかが分かるからです。

また、お店の特徴として例えば子ども連れを歓迎していれば、レストランに来た親子とスタッフの関わりなどを動画にすることで、気軽に足を運んでもらえるようになります。

建設会社

作業服・作業着を来て様々な工事現場で働く姿は、一目でどのような仕事をしている会社か分かります。会社のロゴが入ったヘルメットや作業着などは、オリジナリティのある動画であることも示してくれます。
また工事現場の他にも、プレゼンをしている営業マン、図面を描くスタッフなども加えることで、どのような人が働いているのかが分かります。

また人を出さないスタイルで、何もない土地から建物ができる様子など、ゼロから何かを作る過程を動画にすることもあります。

採用サイト

業種ではありませんが、採用サイトでも業種問わずファーストビューに様々な動画が使われています。

これから就職する場所でどんな仕事をするのか、どのように成長していくのかを、様々な仕事の場面を組み合わせると、1日の流れのように見え、求職者にとっては会社をイメージしやすくなります。

動画の制作について

動画をホームページに取り入れたいと思った場合、どのようなことに気を付けて制作するとスムーズでしょうか。制作手順とともにご紹介します。

WEB動画を制作する前に

WEBに掲載する動画(WEB動画)の制作に取り掛かる場合、まずは目的をしっかりと定めておくことが大切です。

WEB動画は、ブランディング、イベント告知、製品の使い方、採用など様々な場面で使うことができます。テキストと写真のみでは伝わりづらいことを、動画で表現することができるため、どのような課題があって、それを解決するためにWEB動画を制作する、ということを決めておくと、完成後も効果検証などに役立ちます。

また掲載場所については、コーポレートサイト、ランディングページ、サービスページ、またYouTubeなどのSNSなど様々な場所が考えられます。動画を掲載する際には、それを補足するテキストなども同時に掲載できるので、どこにどのような形で掲載するのかも考えておきましょう。

ホームページとの連携

WEB動画を制作する場合には、ホームページリニューアルのコンテンツの1つとして動画制作が入る場合と、動画制作のみ行い完成後ホームページに設置する場合とあります。どちらもホームページへ設置する場合には、設置作業に加えて動画が出来たことの告知や掲載ページの編集など、ホームページの制作会社との連携が必要となります。

ホームページを制作する会社と動画制作の会社が同じであれば、データの受け渡しだけではなく制作物のコンセプトなどの情報共有もスムーズとなるためおすすめです。

WEB動画の制作手順

制作の手順としては、①企画・構成、②撮影、③編集、④公開となります。それぞれ詳しくみていきます。

①企画・構成

まず第一段階として、企画・構成を考えます。先ほど「目的を決めること」の重要性を説明しましたが、同時にゴールを決めることも大切です。

動画のゴールは、動画を見たユーザーにどのような行動を取ってもらうのか、ということです。例えば、資料請求やお問い合わせ、またイベントへの来場、商品の購入などです。ゴールを達成するために、何かしらのメッセージ性のある動画が必要です。

また、ホームページへ掲載することを考えて、企画・構成することも大切です。ホームページの他に掲載する場所があれば、掲載場所によって、適切な動画の長さがあるためそれぞれ編集が必要です。

目的やゴールが決まれば、具体的な構成の段階に入ります。構成は、絵コンテを使って行ったり、ロケハンやキャスティング・オーディションを行うなど、動画の内容によって様々です。どのような動画になるのかイメージしながら、チームで修正を繰り返し台本を作成します。

②撮影

台本やスケジュールの準備が出来れば、撮影の段階に入っていきます。撮影は、撮る場所や内容によって半日~丸一日かかる場合や、数日に分けて行うこともあります。

③編集

撮影が終われば、構成を元に編集作業を行います。映像をつなぎ合わせたり、間延びしないようカットします。また動画の中で強調したいところや重要な箇所にはテロップを入れて、ユーザーにより情報が伝わるよう工夫します。テロップを入れる際には、PC・スマホなど閲覧するデバイスも考慮して文字サイズに気を付けてください。

最後にBGMや効果音を入れることで、メリハリをつけた動画に仕上げることができます。

④公開

動画の編集が終われば、公開となり、完成した動画をホームページへ設置します。最近ではYouTubeで公開することが主流となっています。YouTubeへ動画をアップロードする際には、映像を一緒に概要欄に説明文を入れることが出来るため、忘れずに入れましょう。

また、動画を設置するホームページには、ユーザーに動画を見てもらうために、どんな内容の動画なのかや、動画を閲覧すると何が分かるのかなど、動画へ誘導するための工夫も忘れずに行います。

まとめ

ホームページに動画を入れる際のメリットとしては、「短時間で多くの情報が伝わる」ことが挙げられます。
写真と文章では、製品の使い方がユーザーに伝わりづらい場合には、動画で説明することで、製品を色々な角度から見てもらったり、動きと音で説明が可能になります。

また、動画がホームページに組み込まれているとGoogleの評価が上がり、検索エンジンで上位に表示されやすい傾向があります。ユーザーに動画を提供することで分かりやすく情報提供できていれば、ユーザーにとって有益なホームページとなるからです。

しかし動画はメリットばかりではありません。動画を制作するには、企画・構成などから撮影、編集などの工程があり時間とコストがかかります。どこかの工程を抜かして良いものは出来ないため、計画的に進めていきましょう。

続いて最近、動画は製品などの説明だけではなく、ホームページを開いて最初に出てくるファーストビューに使用されることも増えています。一番初めに動画が出てくるとユーザーにインパクトを与えるだけではなく、このホームページがどんなホームページなのかをイメージしてもらいやすくなります。

そのファーストビューには、例えば製造業であれば職人が機械を扱っている様子や、飲食店ではお客様が楽しく食事をしている場面など、そのホームページやサービスなどを印象付ける映像を持ってきています。

最後に動画を制作するには、①企画・構成、②撮影、③編集、④公開という順番になっており、①の段階で動画制作の目的とゴールを定めることが重要となっています。
またホームページのどこに動画を設置するのかによって、構成なども変わってくるので、事前にしっかりと決めておきましょう。

クレフではWEB動画の制作も行っております。サービス内容など詳しくはこちらをご確認ください。