税理士事務所のホームページを制作するなら

税理士事務所のホームページを制作するなら、税理士に相談したいと思っている見込みのある問い合わせがくるような、集客できるホームページを目指したいですよね。
実際に税理士事務所のホームページには、どんなお悩みを抱えている人の力になれるのかが明確に書かれていたり、無料相談を実施していたり、気軽にお問い合わせができる工夫がされています。
また税理士事務所の多くは、ホームページに更新システムを導入し、定期的にブログを更新するなど、WEBマーケティングにも力を入れています。
そこで本記事では、税理士事務所のホームページ制作について解説します。

税理士事務所のホームページとは

税理士事務所のホームページは他のホームページとどんな点が違うのでしょうか。
税理士を含めた士業といわれる職業の営業スタイルなどを含めた特徴、そしてホームページで出来ることや今後のホームページのあり方について説明します。

士業ホームページの特徴

弁護士・税理士・社労士など、法律や会計などに関わる、資格を持って仕事をする方は先生と呼ばれることも多く、専門性の高い仕事をされているイメージですが、そんな先生方も営業や集客はしなくてはいけません。
現在では多くの士業の方が、他の人と差別化を図りながら、ホームページを使って営業や集客を行っています。

つまり士業ホームページの特徴とは、集客できるホームページの構成になっており、運用もきちんとされていることです。ホームページが事務所の名刺代わりという役割ではなく、集客するためのホームページということは、制作段階から見込み客であるターゲットを決め、アピールする分野や税理士の特徴などを打ち出したホームページを制作しています。
また今後の運用についても、自身で出来るように、更新システムを入れて随時新しい情報を公開していけるようなホームページを持っています。

税理士事務所のホームページで出来ること

初めて税理士事務所がホームページ制作を依頼するときは、どんなタイミングでしょうか。
開業したとき、自分でまずは作ってみたけど上手くいかなかったときなどが考えられます。十分な予算や時間が取れなくても、ホームページで出来ることがあります。

それは、他の税理士事務所ではなく自分の事務所へ相談をもらえるような、専門性や信頼してもらえる実績が分かる内容を発信することです。

魅力あるコンテンツにするために

そのためには、まずはどんな人に相談に来てもらえると力になれるのか、という点を明確に伝えることが重要です。多くの税理士事務所のホームページには、その点が分かりやすいように「〇〇〇なお悩みにお答えできます」や「相続税申告についてお答えします」「開業・会社設立をお手伝いします」など、分かりやすいキーワードで伝えています。

初めてホームページを訪れたユーザーでも、その悩みは自分と重なるなど、ピンとくる内容とともに、業務内容やどんな特徴のある税理士事務所なのかを合わせてアピールすると、税理士事務所の魅力が伝わるホームページが制作できます。

ホームページで成果がでないとき

すでにホームページは持っているけど、上手く運用できていなかったり、成果が出ていない税理士事務所の方は、その原因を正しく分析出来ていますか。上手くいっていない、結果が出ていない原因を分析し改善することで、今後はホームページが成果につながる可能性はあります。

アクセス解析から改善ポイントを出す

原因の分析には、まずホームページのアクセス数を確認します。
アクセス数とは、ホームページにどれくらいのユーザーが訪れていて、どのページがよく見られているなどの数値です。数値は1日単位や1か月など、期間を区切って出せるため、比較分析が可能です。
このアクセスを分析すると、ホームページのどのページやコンテンツに問題があるのかが分かるため、改善するポイントが出てきます。

日々の運用にプラスして、ホームページの改善も随時繰り返していくと、ホームページからお問い合わせが来るようになります。

ホームページのコンテンツ

ホームページのコンテンツは、税理士事務所ならではの特徴はあるのでしょうか。得意とする専門分野があったり、明瞭な料金設定を打ち出していたり、地域密着で仕事をしていたりと、それぞれ特徴のある税理士事務所のホームページのコンテンツについて解説します。

税理士事務所のホームページ構成

ホームページの構成は、基本的には業種に関わらず同じです。

しかし、税理士事務所の特徴としては、ホームページを通して、その税理士事務所の専門分野を知り、先生の人柄を知ってもらって、ここだったら抱えている問題を解決してくれるかもしれないと思って、お問い合わせをしてもらうため、より信頼できるホームページを制作する必要があります。
何か話題の商品の購入や精密機器の問い合わせなどではないため、相談に乗ってくれる税理士さんが信頼できる人かどうか、税理士事務所の実績、金額設定など細かなところまで重要になってきます。

お問い合わせ獲得に必要なコンテンツ

税理士事務所へのお問い合わせは、ホームページのお問い合わせフォームもしくは、お電話という形を取っている事務所が多いです。お問い合わせ数を増やすためには、お問い合わせするハードルを出来るだけ下げておくことがポイントです。

お問い合わせフォームの作りこみ

お問い合わせ獲得に必要なコンテンツは、まずはお問い合わせフォームです。お問い合わせフォーム1つとっても、入力のしやすさによって問い合わせ率が変化するため、項目の数や、エラー表示方法、自動返信メールの細部まで、しっかりと作り込みます。

他には、相談から依頼までの流れという一連のステップを説明すると、見込みとなる方には親切なコンテンツとなります。実際にその税理士事務所に興味があっても、日程調整や、相談する際は実際に会うのかWEB会議でも可能なのかや、相談料金のことなど、初めて相談する人にとっては分からないことだらけです。こういった些細な疑問をホームページの中で丁寧に説明すると、不安がなくなりお問い合わせにつながるのです。

また相談料が何分までなら無料であるとか、問い合わせに対応できる営業時間が書かれているなど、詳細な情報を公開することも、お問い合わせ獲得には必要です。

ホームページのデザイン

税理士事務所のホームページのデザインは、カラフルで派手なデザインというよりは、シンプルで堅実なイメージを持つデザインを多く見かけます。
これは税理士事務所は、人対人の相談になるので、顔の見える信頼できる税理士がいます、というイメージを持ってもらわないといけないため、それがホームページのデザインに表れているのです。

事務所の魅力をデザインで表現

他にデザインの特徴としては、税理士事務所のイメージをホームページへ反映させているところです。それぞれ税理士事務所には、少人数でアットホームな事務所もあれば、個性的な先生がたくさんいる事務所、少しハードルは高いけれどワンランク上のサービスが受けられそう、などの魅力を持っています。

それをホームページへ反映すると、柔らかい色味でイラストも交えた親しみやすいデザインになったり、高級感溢れた色を使いながらも税理士の写真を入れながら相談するハードルは下げるようにしていたり、それぞれ工夫がされています。
税理士事務所のアピールポイントを絞って、それをデザインに落とし込むことで、ユーザーに税理士事務所の魅力が伝わるホームページのデザインとなります。

税理士事務所のホームページ運用

ホームページの運用は、更新システムを入れている税理士事務所が多いため、日々ブログを書いたり、何かホームページの変更点があれば修正するということは普通に行われています。しかし実際のところ、それらが集客につながっているかというと、どうでしょうか。
集客するためのホームページ制作と、ホームページの活用について解説します。

集客できるホームページ制作

税理士事務所にとって集客できるということは、定期的に見込みのあるユーザーからホームページへお問い合わせが来ることを指しています。
では集客できるホームページにするために、できることは何でしょうか。

お問い合わせの内容を確認

まずは、お問い合わせが欲しい法人やもしくは個人の方から、現在すでにお問い合わせが来ているのかを確認します。見込み客としてホームページを訪問しているユーザーが、税理士事務所が求めている見込みユーザーでなければ、ホームページのコンテンツや文言などを、ターゲットに沿ったものに変更する必要があるからです。
ターゲットが悩んでいる問題や知りたい情報をホームページに盛り込み、見込みユーザーとホームページのマッチングを行うことで、お問い合わせにつなげます。

アクセス状況を確認

そして現在持っているホームページからお問い合わせ自体が来ていない状況であれば、ホームページへある程度流入はあるけど、お問い合わせに至っていないのか、アクセス自体が少ないのか確認します。
アクセスが足りない状況であれば、SEO対策やWEB広告を活用してアクセスを増加させます。ホームページへの流入があれば、コンテンツの内容に問題はないか、お問い合わせフォームは入力しやすいのか、ハードルが高くなっていないか、などホームページの内部についての確認が必要です。

集客できるホームページにするには、初めは上手くいかなくても、徐々に問題を解決していくと成果につながるポイントが見えてきます。

税理士事務所のホームページ活用

税理士事務所がホームページをしっかり活用するには、日々の運用が欠かせません。日々の運用を前提として制作する場合には、ホームページに更新システムを導入し、税理士の先生がご自身でブログを更新したり、ホームページの内容を追加できるような状態にしてあることがほとんどです。
しかし更新システムを導入していても、それを上手く活用できていなければ意味がなく、集客にはつながりません。

ホームページの運用方法を決める

上手く活用するためには、運用する内容を決める必要があるのです。
例えば、ブログの更新は担当者が毎日する、定期的にコンテンツを追加するのであれば1週間に1コンテンツと決める、など数値化して誰が担当するのかを決めておきます。

他には、月に1回アクセス解析を確認し、ホームページの運用について話し合う時間を設けることも大切です。日々書いているブログにどれくらいアクセスが集まっているのか、お問い合わせにつながったユーザーは、どのページをよく見ていたのか、など分析すると、さらにお問い合わせ数を増加させるために、次に改善する箇所が決まり、PDCAを回しながら常に課題に取り組むことが出来ます。

まとめ

税理士事務所のホームページ制作は、集客のために制作する事務所が多く、集客をするためには手順を踏んで制作することや、税理士事務所の魅力や対応できる相談内容などを明確にホームページで発信することが大切です。

またホームページのデザインは、税理士事務所の特徴を反映したものが多く、どんな事務所なのか、アピールできるところや差別化できる特徴があると、デザインとしてホームページで表現することができます。

最後にホームページを効率よく運用していくためには、日々の更新など運用する担当者を決め、またホームページのアクセス解析を通して、内容を改善していくことも必要となります。PDCAを回しながらホームページを活用すると、税理士の先生に相談したいユーザーからお問い合わせが来るようなホームページを制作することができます。