製造業向けホームページ制作の特徴や集客について

製造業のホームページは時代に合わせて進化しており、これから製造業のホームページを制作する人にとっては、どんなホームページが魅力的なのか、どんなホームページだったら反響があるのかなど、成果の出ている製造業のホームページは気になりますよね。
今回は製造業のホームページ制作について詳しく解説していきます。

製造業のホームページとは

現在、製造業のホームページはどんな企画で制作されていたり、どんなデザインが多くなっているのでしょうか。
現在のトレンドを理解して、成果の出るホームページを制作するために、製造業のホームページの内容についてみていきます。

【製造業】ホームページ制作の必要性

製造業に分類される中小企業のホームページは、以前は必要とされていなかったり、ホームページを持っていても名刺の役割くらいの必要性しか感じていなかった企業が多数いました。
しかし現在は、ホームページで自社の魅力・技術を発信し、ホームページからお問い合わせが来て、新しい取引がスタートするという、ホームページを活用した製造業の新しい営業方法があります。

この流れにより、製造業の方にとってホームページは必要不可欠となり、ホームページを持っているだけではなく、目的を持って成果につながるホームページを制作し活用しています。

製造業の特徴を踏まえた制作

製造業のホームページは、他の業種とどんな点が違い、どんな魅力を見せていけばいいのでしょうか。
製造業と一言に言っても幅広く、種類もたくさんあり、それぞれで目的や課題が違います。その中で大事になってくるのが、誰に向けて魅力を伝えているのかを明確にすることと、専門性の高い内容をいかに分かりやすく伝えるのか、という点です。

それを解決する手段として、動画を使ってオリジナル性を高めている特徴があります。

ホームページに動画を導入するメリット

動画をホームページに導入するメリットとしては、テキストや写真では伝えられない、動きのある表現が可能になるため、導入する製造業のホームページが増えています。
今の製造業のホームページ制作では、トップページのファーストビューに動画を入れることが主流となってきているほど、多くの製造業のホームページが取り入れています。

これによりユーザーに対して、ファーストビューの掴みが非常にうまく、興味を持ってもらうきっかけを作ることが出来ています。

デザインの工夫とは

また動画を導入することの他に、製造業のホームページ制作の特徴としては、デザインの工夫です。シンプルで分かりやすいデザインと言えば当たり前かもしれませんが、今の製造業のホームページは、ユーザーを目的のページまで誘導するのに迷わせない工夫がデザインとして表れてきています。

例えばナビゲーションをシンプルにまとめていたり、製品検索ではイラストやアイコンを使用していたりとユーザビリティの高いホームページが目立っています。
また会社の雰囲気や製品の特徴とホームページのデザインを上手く合わせていたり、ロゴのカラーに合わせて写真の色を調整したり、ホームページ全体に統一感が出るおしゃれなデザイン流行しています。

今後のスムーズな運用について

これから製造業のホームページを制作しようと考えている人にとっては、現在のトレンドを取り入れて、オリジナルのホームページが完成した後、今後どのように運用していったらいいのかも視野に入れておくと、完成後もスムーズに運用に移れます。

製造業のホームページも、他の業種と同じく、ホームページ完成後の運用が鍵となってきますので、制作前の段階でどのように運用していくかも踏まえてホームページの設計をする必要があるのです。

製造業のホームページとは

製造業向けホームページ制作のトレンドが分かれば、すぐに制作をスタートしたいところですが、制作する前の大事なポイントや、実際どんなコンテンツがあるのかなど、製造業向けホームページの内容についてみていきます。

ホームページを制作するときの要件定義とは

ホームページ制作において事前に行う、とても大事な作業が要件定義です。要件定義とは、これから作るホームページを「誰にどんなコンテンツを見てもらい、どうアクションしてもらうのか」という部分を明確にし、そのほかにも細かいターゲット像やアクションに至るまでの行動、ホームページのデザインの方向性、スケジュール、予算など、ホームページの制作会社と共に作っていく、制作の土台となるものです。

まずは要件定義をしよう

製造業のホームページは、要件定義をするために、まずゴールのアクション部分からみていきます。するとホームページのアクションには、見込みとなるユーザーから「お問い合わせがくる」という設定をすることが多いです。
これは、ホームページの製品紹介を見て興味があってお問い合わせしたり、製品のサンプルがほしいと思ってお問い合わせをしたりすることを想定しています。

そして「誰に」を明確にするためには、どんなことに興味を持ったり問題に感じているユーザーがターゲットとなるのか、を決めることがポイントです。
またその「誰に」というターゲットは、どんなコンテンツを見た後にホームページでアクションするのか、といった点もポイントです。ターゲットが問題に感じていることを、解決できる製品があるなら、その製品の魅力が表現されているコンテンツが重要です。

製造業で必要なコンテンツとは

製造業ホームページのコンテンツはどんなものが多いでしょうか。
基本的には、事業内容、製品紹介、会社案内、実績や事例、採用情報、お問い合わせになります。ここで重要なことは、それぞれのコンテンツには役割があって、どんな役割を果たすのかに基づいて、コンテンツを制作することです。

一番力を入れているページとしては、トップページは間違いないのですが、製品やサービス紹介についても、興味を持っているユーザーが一番に訪れるページになる可能性が高いので内容や見せ方に工夫が必要です。
例えば製品の種類が多い会社の場合は、製品ページにおいて、検索しやすいようにカテゴリ分けをしてラベルを付けたり、細かな情報を表にまとめていて、初めて見る人でも目的のコンテンツに辿り着けるような、迷わない工夫をしています。
また製品に対しての歩みや歴史、想いなどのメッセージを掲げて、それを1つのコンテンツにしている製造業ホームページもあります。

見込みの高いユーザーからお問い合わせが来るためには、製品のどんなこだわりに注目してもらいたいかを明確にして、ユーザーの一連の流れを考えて制作に取り組む必要があるのです。

製造業の魅力を発信できるホームページにするために

これから制作するホームページで自社の魅力を思いっきり表現して、新しいお客様との出会いがあれば、ホームページをかなり活用できていることになります。
今まででは出会えなかった遠方のお客様や、違う専門分野とのお取引もあるかもしれません。ではそんな活用できるホームページにするために、どうしたらいいでしょうか。

それは自社の魅力やお客様から選ばれている理由を明確にすることです。
例えば、ホームページからお問い合わせがあったとしても、それが取引と関係の無かったり、求めている取引では無かったら、それは自社の魅力が伝わっていないからかもしれません。効率的にホームページを活用していくためにも、自社の魅力を伝えることは大切です。

ホームページで魅力を伝えるために

自社の魅力をホームページで伝えるには、まずは社内で意見を出し合うのもいいかもしれませんし、既に取引のある会社へ聞いてみると意外と思ってもなかった魅力が発見できるかもしれません。その魅力は、お客様から会社が選ばれている理由になりますね。
これから取引を考えている会社にとっては、そういった第三者の意見は参考になるでしょう。
その魅力をホームページ制作会社と共に、デザインで表現して伝えます。

製造業ホームページは、今までホームページを持っていなかった、ホームページを活用してこなかった会社には、新しい営業ツールになる可能性を秘めています。

製造業のホームページで集客するために

ホームページは制作して終わりではありません。集客し続けるホームページを制作するには、日々運用していくことが大切です。そのために、製造業のホームページではどうしたらいいのか説明します。

集客できるホームページを制作するには

集客を目的としてホームページの制作をスタートする人は多いですが、製造業でも同じく集客を目的として見込み客からのお問い合わせを増やし、売り上げアップを目指す会社はたくさんあります。
そこで集客できるホームページについて詳しく説明します。

見込みユーザーからのアクセスを増やすために

まずホームページで集客するということは、見込み客が多く集まってくるホームページを作るということです。ここで大事なポイントは、アクセス数が多いだけではなく、見込み客からのアクセス数が多いということです。

次に見込み客から多くのアクセスがあるホームページというのは、どうやって制作するのでしょうか。それは、見込み客の分析をして、どのようなキーワードで検索エンジンで検索しているか、を調査してから制作しているかということです。

最後にホームページの目的である、見込み客からのお問い合わせを獲得するために、ホームページを訪れた後にお問い合わせフォームが探しやすかったり、内容入力がしやすく問題なく送信できるかどうかです。

集客できるホームページを制作するには、事前の調査でターゲットを分析することが大切です。見込みのあるユーザーがどんなことを考えて、どんなことに興味を持っているのかが分かれば、その問題解決となるようなホームページでを制作すると、お問い合わせに繋がるからです。

製造業のホームページ運用方法

集客できるホームページが出来上がった後に、継続して集客できるようになるには、ホームページを日々運用することが大事です。
ホームページの運用とは、例えばお知らせやブログ機能があればそれを更新したり、新しい製品が出たらそれをホームページにアップしたり、会社情報を更新したりなど、常に新しい情報をユーザーに見てもらうために、管理することを言います。

ホームページを更新する方法とは

ホームページを更新する方法は2パターンあり、ホームページの制作会社が行う場合と、自社で更新する場合とあります。
制作会社に依頼している場合は、制作会社の都合もありタイムリーな更新が難しい場合がありますが、自社で更新する場合には、更新システム(CMS)がホームページに導入されている場合が多く、更新したいタイミングで更新できるためユーザーにとっても常に新しい情報を見ることができます。

また月に1回程度、ホームページの運用会議を設けている会社もあります。毎月のアクセス数や、お問い合わせ数を共有し、PDCAを回して運用することによって、常に改善して運用することが可能です。

製造業のホームページ制作まとめ

製造業ホームページを制作するにあたっては、まずは自分たちの会社のことをよく理解することが大切です。
制作前に実施する要件定義がホームページのスタートラインとなりますが、要件定義を作るためには、会社のこと、例えばターゲットのことをよく知らなければ、そのことをホームページに載せることができません。しかし今分からなくても、これからホームページの制作会社と一緒に考えていくことが可能です。

ターゲットや会社の魅力がまとめられたら、それらをどうホームページで表現していくかのフェーズに入っていきます。上手くトレンドなども参考にして、オリジナル性の高いホームページを制作しましょう。
そして本記事で紹介した製造業のホームページ制作を踏まえて、集客できるホームページにするために、運用方法まで考えて制作をスタートしてみてください。